<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Les Miserables
最近周りの皆様が続々と観に行かれてる上に評価がすごいので、
どんなもんなのかと気になってレディースデーにみーと観てきました。

Les Miserables

私フランス史とか詳しくないし原作も読んでないけど、
歌が、歌がいいのよ本当に。
冷静に考えると話は切なすぎる酷すぎるところが多いけど、
歌で全体を美しくまとめてくれる感じです。

コゼット役の子の可愛さは半端ないけど、
気になるのはエポニーヌ。あんな両親の下であんなに健気に育つなんて。
どっちかというと彼女の方に入れ込んでしまう。

そして立ち向かう学生、若者達が勇ましくて。

スーザンボイルさんが歌われたので有名な「夢やぶれて」が劇中よく出てきます。

号泣必至と聞いてたわりにボロ泣きにはならなかったけど、
ラストはさすがにぐっとくるかな。

帰ったら映画観てない父が原作について熱く語りだしました。
(日本史ヲタクとばっかり思っていたのに笑)

この作品は是非、DVDではなく音響環境の整ったところで観るべきですよ。

あ、このシアターシステムがあれば自宅でも楽しめるかも。
↑出たときからずっと欲しい。音聴いたら感動しましたぜ。
スリムなデザインと、テレビだけじゃなくPCもスマホにも使えちゃうBluetooth搭載なのが便利。

NY&Vegasに行きたい。

あぁ、何だかなぁ。
回りまわって知らされる事実って気分の良いものではないね。

私は逃げも隠れもしないから、そっちも逃げ隠れすんなよ!
とか叫んでみたいことが多い世の中。

そして私に一物を抱えている方がいらっしゃればどうぞ遠慮なくぶつけてきてください。
ややこしいことは早いうちに清算しましょう。(急にどうしたんだ)

話は変わって。
最近ジムの会員の洋画好きのおばさまと話していて、
ひょんなことからDVDを貸していただけることになった。
私はあんまり洋画や外国の俳優さんに詳しくないので、色々勉強させてもらっています。

今回はハッピーなラブコメ?系。


ニューイヤーズイブ。

大晦日のNYを舞台に色んな人の思いが詰まったお話。
gleeでレイチェル役のリー・ミシェルがボンジョヴィ(役名忘れた)のバックコーラス役で出ていて、
glee観てますって話の流れからこの作品を貸してもらったのです。
ちなみに私の最近の洋楽情報はもっぱらglee(orジムでかかってるBGMとか)なのですが、
妹に「(gleeから洋楽入るとか)それ、ミーハーって言うねんで」と刺されました。
えぇ、分かってますとも。分かってるけどぐさっとくるからヤメテ。笑
ちなみに妹の車にはどこで仕入れてきたのか不明な謎の洋楽が詰まっています。

余談は置いといて、サラ姉さんが母親役とはなんだか違和感だったりしたけど、
ほっこりハッピーになる作品でした。
内容なラブアクチュアリーと似たような感じ。舞台がNY&大晦日になっただけで。
NYのカウントダウンてやっぱ特別なんだろうな〜一生のうち一度は体験してみたい。。。

ベガスの恋に勝つルール。

ベガスで賞金を得た二人の男女のお話です。
キャメロンディアスを初めて映画で観ました。(なんせあんま洋画観ないから)
これもあんまり意気込まずにラフにみれました。

ラスベガスは卒業旅行で行ったことあるけど貧乏学生旅行だったから、
これ観てまた行きたくなりました!もっと遊びたい。
あそこは本当に大人の夢の街。
30歳までに友達とリベンジしてベラッジオに泊まるのが目標。ね!

この作品なんとなく知ってるな〜って思ったら、ネイルサロンでやってたわ。
ネイル行くとよく映画流してくれてるから、SATCやドリームガールズもそこで観た。
でも消音されてるし最初から最後まではみられないから、
ちゃんと観なおしたいな〜。


そして本日お借りしていたDVDをジム行くついでにお返ししたら、
また新たな洋画を持ってきてくれていた。7本も!全部観れる自信ないですが。。。
次はアクション系が多かったので、気分変えてまたおうち時間作って観よう。
神戸
kobe
鬼の連勤を終えた翌日、神戸に行ってきました。
目的は、お芝居を観に行くこと。
前日KRYに参戦したゆりちゃんは横浜から飛んできた。

神戸に向かう前に、さちさんも一緒に梅田でランチ@dammi
以前ちょこちょこ行ってたカフェの跡地が小洒落た韓国料理カフェみたいなんになってた。
予約したらパックくれました♪ラッキー♪♪
ビューティーママのさちさんには来年ぴえむこんに連れてってもらいます。初体験!
話は尽きずですがさちさんとまた萌える約束をしてお別れし、
ゆりちゃんと神戸へ!

着いたら一旦荷物を置いて、
旧居留地〜南京町〜メリケンパーク、ハーバーランドという、私のド定番コースをご案内。
南京町は私も久々で、
夕方からビール片手に老祥記の肉まん、ふかひれラーメンやその他もろもろ、この上ない幸せ!
海の方は言わずもがな美しい。
平日だからか人も少なくて波の音も聞こえたりして良かったな。

ぶらぶらしてたらいい時間で、タクシーでぶっとび新神戸の会場へ!
本日のメインイベント、劇団キャラメルボックスのキャロリング
ミュージカルとは違うお芝居というのはほぼ初めてかも。
有川浩さん書下ろしのオリジナルということで、私も入りやすい気がして。

最初はお芝居独特のオーバー気味な台詞づかいに戸惑いかけたけど、
生の台詞ってやっぱり直に響くし、言葉の一つ一つがぐっとくる。
思いの外うるっときてしまったよ。

お芝居が終わると大量のお酒やおつまみ(というより立派なディナーだったw)を買い込み、
ホテルへ直行!なぜかって、それは裏の最大の目的でもあるDVD鑑賞会っていうね。
私はノートPC持参、ゆりちゃんはDVDを色々仕入れてきてくれて準備良すぎ私達。
乾杯して、人生劇場やらしゅきらやら観ながら萌えまくり、
ビールに赤ワイン白ワイン日本酒ゆず酒・・・どんどん空いていくお酒たち・・・
私はSS4でstoryと奏を子守唄に寝落ちしてしまいましたが、
朝起きた時のお酒の空瓶達に現実に戻ったよね。
そしてあの後も見続け飲み食べ続けたゆりちゃんが
私が起きた時にはすでに準備が整っていたというタフさに完全に負けました(勝負してない)。

で、二人とも仕事のため解散〜

弾丸やったけど楽しかったな。
でも、ぶっちゃけ、お酒足りてなかったよね、だって一本ずつが小さかったもんね、うん。笑
こねこのなみだ
koneko
何を隠そう、私の通っているジムの先代の会長は最後のメダリストと言われた方でした。
(残念ながら私はお目にかかったことがありませんが)

それが今年のオリンピックで44年ぶりにメダリストが出て、おめでたきことですが、
もうそういう言われ方はしないのかと思うと少し寂しくもあります。

そんな先代会長の半生を描いた映画です。
ジムの会員さんが貸してくれました。
やっと観れました。

自分が知ってる人を映画の中で俳優さんが演じているのって不思議な感覚ですね。
そして、こんな人生だったのかと初めて知ったり。

武田真治がハマっていたことと、
子役の藤本七海ちゃんの演技が素晴らしかったです。
あと現会長の子役の男の子が可愛い。。。笑

そして私は今日もジムへ行こうか(どうしようか)。
会いに行って来た。
yoohama
横浜へ。
続きを読む >>
The era we are living in today is a dream coming true.

ウォルトディズニー展に行って来ました@美術館「えき」KYOTO。
昨日帰り際に声をかけたディズニー好きの同僚と。
いきなりにもかかわらず付き合ってくれて感謝。

ディズニー大好き!ってキャラでもないんやけど、
ウォルトディズニーという人にはとても興味があって。
昔、サントリーミュージアムで開催してた原画展に一人で行ったことも。

ウォルトの人生を振り返り、ディズニーの歴史を知る。
彼の頭の中にはずっとディスニーランドという夢の世界があって、
その夢はまだ描き続けている途中だったんだろうなって気がしました。
どれだけ大きな夢が溢れていたのだろう。


その後、同僚に連れてってもらって駅ビルの上にあるCento Centoでランチ。
すごいゆったりしてて穴場!

彼女は元々旅行会社に勤めていたので、
旅行の相談に乗ってもらうこともあったのですが、
話が盛り上がって今度一緒に旅行行こうということに(予定は未定)♪

私の半年後くらいに転職してきて、
実は今まで身の上話をまともにしたことがなかったのですが、
今日いっぱい語って、同じ感覚の人がいてくれて良かったーと言われた。
うん、私もです。
そういうのって何となく空気感で伝わるし、自然と引き寄せられると思っている。
だから今日もいきなり誘っちゃったのだ。
正直今の職場ってアクが強い変わり者が多く、
良くも悪くもサラリーマンぽくない人達の集団なので、
時々感覚が理解出来ないことがあるのですが(爆)、
それおかしいよね、という疑問に共有出来る人がいるって心強い。

夢について話してくれて、諦めず挑戦し続ける姿勢がかっこいいと思った。
夢を持つことに年齢制限なんてないのだ。

タイトルは、ウォルトディズニーの言葉。
“私達は今、夢が叶えられる世界に生きている。”

私は今、夢を持つこと自体を諦めてはいないだろうかと、やや不安になっている。
続きを読む >>
The Lady

観てきました。

続きを読む >>
サニー 永遠の仲間たち

久々に映画を観ました。
密かに気になっていた「サニー 永遠の仲間たち」。

韓国映画やドラマはあんまり観ないので比較対象が難しいのだけど、
なんていうか韓国っぽいベターな甘ーいかんじもなく、
かつ観ててスッキリするところもあり、笑いもあり、涙ポロポロもあり、楽しいです。
飽きません。

予告編で伝わるか分からないけど、
昔の懐かしい仲間に会いたくなる、アホなこといっぱいしてたあの時が恋しくなる、
女子なら年代や文化問わず共感できるところのある映画かと思います。

そんなに宣伝もしてないからなのかもだけど、客入りビミョーで残念だったな。

そして女優ソラちゃんかっこいーの。もう大好きになっちゃったよ。
天使リーダー、いい嫁もらったな(←誰目線だよ)。
すぱしょinトーキョー
こんな歳になって初めて、東京ドームまでコンサートに行っちゃったよ…
叫んだよ泣いたよ踊ったよ…

4時間があっと言う間の、最高のエンターテイメントショウ。
だからSUPER SHOW。

完全にオタ記事になりそうなので、興味のある方は続きを読む、からどうぞ。

続きを読む >>
glee
人に勧められてもあんまり海外ドラマって観れないんですが。
(もはやこのところ国内ドラマもほとんど観てないですが)

・回数が多いので必ず途中でめげる
・そもそもキャストの見分けがつかないことがある、見分けられるまでに時間を要する
←この辺は解決してきた

そんなわけであのSATCでさえシーズン3くらいでリタイアしました、私。
でもってドラマ版制覇してからじゃないと映画版を観たくないという意地から、
映画版はDVDに落としたまま手を付けておりませぬ。

そんな私ですが、先輩に勧められてからすっかりハマっています。
glee。

これは面白いよ、って言われてNHKで放映になってから
とりあえず初回から観ておりますが、うん楽しい。

音楽がいいよね。
ミュージカル風なんだけど、歌はじっくり聞き入れられる。

そして最近洋楽も聞いてないなってことで、
grammy nomineesを借りて、今すっかりヘビロテ。

洋楽に詳しくない私でも何となく耳にしたことがある曲ばかり。
サウンドが、飽きないしいいよね。
なんで洋楽って世界中で受け入れられるんだろうかね。


そんなことを考えつつですが、
気付けば残り1週間、悪あがきでがんばる。
色んな意味で。えぇ。

そしてててぃそが可愛すぎます。